2016
09.15

大手キャリアの3社から発表された大容量データ定額サービスについて。 ギガモンスター(SoftBank) VS スーパーデジラ(au) VS ウルトラパック(docomo)

みなさんは携帯電話のキャリアはどこを使用しているだろうか。
先日、SoftBank 孫社長の”ギガモンスター”の発表に引き続き、au・docomoも大容量データ定額サービスを発表した。

3社ともに、20Gデータ通信量が¥6,000という今までにないコストパフォーマンスの良さとなっている。
(デザリングを行う場合、+¥1,000のデザリングオプションの加入が必要なので注意が必要)
僕の場合、LTE環境で大容量データ通信をあまり行うことがないので、しばらく加入することはないと思うが選択肢が増えるということは良いことである。
僕の周りには、PC を持っていなくてスマートフォンのみという人も少なからずいる為、そういったユーザー層にとっては、このサービスとても良いと思う。

ただ、僕が気になっている事といえば、3社が全く同じサービス価格であるということ。
SoftBankを追随した2社が、それ以下の価格帯にすることが難しかった為なのか狙っていたのか僕には良く分からない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。