2016
10.05

ミニマリストの手帳!?リヒトラブのダイアリーノート

本日はリヒトラブのダイアリーノートをご紹介。

ボディは黒の樹脂でできていてスマートな印象である。
リヒトラブのダイアリーノートをシンプルが好きな皆さんにオススメする。
このノートはリフィルを交換できるのだが、とにかく色々と便利なのである!

①とにかく薄くてコンパクトであること。
⇨薄さは、iPhoneよりも少し薄く、リフィル交換型のノートでは最薄ではないだろうか。

②リフィル交換用リングの高さが低いこと。
img_1638

⇨僕の中では、このリングの低さがとても気に入っている。
なぜなら、ノートを見開きの状態でペンを走らせていると、リング手帳の場合どうしても邪魔になってしまう。
その不快感がこの低さによって解消されている。
(※リングが低いためリフィル収納は45枚程度が限界)

③使い勝手の良い機構
⇨ノートを閉じている状態で保持ができるロック機構、索引がしやすいタブであったり考えられた作り。

④価格がリーズナブル
⇨¥1,000以内で購入できる! (Amazonリンク

リフィルの規格(16穴Sサイズ)がJIS(日本工業規格)ではなくISO(国際標準化機構)の仕様のため、少し入手しづらい。
でも、その手間を差し引いても良い製品だと思う。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。