2016
10.15

東大が開発。ヒューマノイドが凄い!

東大大学院情報理工学系研究科が開発しているヒューマノイド『腱悟郎』がある。

見た目は筋肉質でとても強そうな印象をうける。
ただ、実際にできる事(動作)は、まだ多くはないみたいである。
(それは他のヒューマノイドにも言える事である)

このヒューマノイドの何が凄いか?
この腱悟郎は汗をかくことにより、温度を下げる事ができるのである。

人間にしろ機械にしろエネルギーを発生させる。
その際に熱を放出するのであるが、人間は汗をかく事によって体温を一定に保つ。
(気化熱によって熱を逃がしている)

それが機械にはできなかったため、ファンであったりラジエータ・水冷装置を用いていた。
(発熱しすぎると動作できなくなるため)
その場合、どうしても重たくなってしまう。

腱悟郎では放熱部分に、スポンジのような構造の金属パーツを使用している。
(この金属パーツの製作はすごく技術がいること)
その部分に水を浸透させておくことで、表面上にきた水が気化して放熱する仕組みだ。

その努力の成果もあり、腱悟郎は170cmで56kgという人間らしい?スペックになっている。
将来、凄いヒューマノイドが出来上がるかもしれない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。