2016
10.18

AppleがVRではなくAR推しである!?

先日、PlayStationVRも発売され市場を賑わしているVRだが当面AppleがVRヘッドセットを開発することはなさそうである。

他メーカーよりも離れた箇所からVRの動向を見ていたように感じられたAppleであった。
先日のAppleのクックCEOによると、”人間のふれあいに変わるものはない、だからこそテクノロジには頑張ってもらいたい”とのこと。

この発信・PokemonGo等のアプリケーションからVR(仮想現実)よりもAR(拡張現実)にフォーカスしているように思える。

また、AppleのクックCEOはテクノロジーによる人との繋がりを大切にしているようで、VRについては興味のあるアプリケーションもあるがARほどの可能性を見出せていないようだ。

そして、ARは人との繋がりを支えるコンテンツが多くできるであろうが、VRについては人との繋がりを妨げるコンテンツにもなり得るのではないかと示唆しているようだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。